【松本市 労働問題】司法書士も取り扱っています

query_builder 2021/08/17
その他
裁判所

新型コロナウイルスの影響によって、労働問題も多く発生しています。
労働問題については、司法書士においても取り扱っています。
当事務所では、労働事件も取り扱っており、下記のような労働相談の事例が寄せられたことがあります(一例です)。

・残業代が支給されない
・不当に解雇された
・無期労働者に転換直前に、理不尽に解雇された
・仕事中のミスによって罰金がとられた
・夕方タイムカードを押した後、無給で何時間も働かされている


労働問題の解決には、労働組合への労働相談と組合からの交渉、労働局のあっせんの利用などもありますが、功を奏さない場合には訴訟、労働審判の申立という方法もあります。

なお、長野県内では、労働審判は長野地裁本庁(長野市)と長野地裁松本支部(松本市)のみ、取り扱っています。


生活の中で、多くの方がの悩みとなる点が、借金、労働、家族関係です。
当事務所では、労働相談も、積極的に受け付けております。

司法書士は、裁判所に提出する書類の作成を通じて、訴訟・労働審判のお手伝いが可能ですし、簡易裁判所を管轄とする140万円を超えない事件については、代理での交渉、代理による訴訟手続きも可能です。

NEW

  • 【松本市 離婚】離婚調停を自分でする場合

    query_builder 2021/10/22
  • 【松本市 借金】差し押さえと債務整理

    query_builder 2021/10/20
  • 【松本市、長野市など】「ひととき融資」の危険性

    query_builder 2021/10/15
  • 塩尻市、安曇野市などの地域からも債務整理のご相談を受けています

    query_builder 2021/09/30
  • 【松本市 債務整理】「国が認めた借金減額制度」「借金救済制度」のからくり

    query_builder 2021/09/29

CATEGORY

ARCHIVE