【松本市 成年後見】申立の流れ

query_builder 2021/08/20
成年後見
介護士と高齢者(公園)

成年後見の申立(後見人等の選任)が求められる場面が増えています。

預貯金の払い戻し、施設入所契約、相続や遺産分割の手続き、不動産の売却や賃貸契約の締結などの場面が、申立の契機となることが多いです。


1,成年後見制度の役割
認知症、障がいなどにより、判断能力が低下してきている場合、本人が物事や事実をしっかり認識したうえで、きちんと判断をすることが難しくなるため、本人が財産を失ったり、被害に遭ったりという危険も増えます。
また、生活がままならなくなったり、契約をしたかしないかということでトラブルにもなってしまいます。

そのため、成年後見人、保佐人、補助人(判断能力の度合いによります)を選任し、本人の生活、そして財産と権利を守る必要があります。


2,成年後見申立の流れ
まずは、主治医などから成年後見申立用の診断をしていただき、診断書を発行していただきます。
この、診断書の内容によって、成年後見人選任の必要性、判断能力の度合いを判断します。

次に、申立てが必要である場合、候補者の検討をします。
なお、現在、裁判所では、預金が1000万円以上ある場合には、親族単独で後見人に選任することは少なく、専門職後見人(司法書士、弁護士、社会福祉士など)と共同で選任するか、当初は専門職と親族の方を後見人として共同で選任し、預金の大部分を信託銀行に預けたうえで、親族のみが成年後見人となるということが多い状況です。

候補者の検討が済むと、申立書類の収集と作成となります。
預金通帳や保険証券の写し、施設の入所契約書や領収書の写しを用意し、財産目録、本人収支、本人事情説明書等を作成します。
要するに、裁判所へ、本人の権利関係と財産関係、親族関係、生活状況を示す書類を用意するということです。


申立書類の作成が済むと、裁判所に受理面接日の予約をします。
そして、申立書類を提出し、面接当日に裁判所へ行き、調査官や参与員と面接をし、申立の内容の確認を行います。

面接から概ね1か月程度で、選任の審判がされます(長野家裁管内の場合)。

期間的には当初のご相談から、1~2か月程度を要します。

当事務所では、松本地域の方を中心に、司法書士として成年後見人の選任実績が多くあります。

高齢の方、障がいをお持ちの方、ご病気の方など、多くの方の生活をお手伝いするために、後見人に就任することが司法書士の使命の一つと考えています。

NEW

  • 【松本市 離婚】離婚調停を自分でする場合

    query_builder 2021/10/22
  • 【松本市 借金】差し押さえと債務整理

    query_builder 2021/10/20
  • 【松本市、長野市など】「ひととき融資」の危険性

    query_builder 2021/10/15
  • 塩尻市、安曇野市などの地域からも債務整理のご相談を受けています

    query_builder 2021/09/30
  • 【松本市 債務整理】「国が認めた借金減額制度」「借金救済制度」のからくり

    query_builder 2021/09/29

CATEGORY

ARCHIVE