【松本市 養育費】相手が払わない場合の差し押さえ

query_builder 2021/07/13
離婚・養育費
電卓

現在、日本では養育費の取り決め率は42.9%、支払われている率は24.3%と低調です(厚労省)。
取り決め自体も少ないですが、取り決めた養育費を、相手が払わないケースも大変多く存在しているということになります。

実際、開業以来、当事務所にも多数の養育費が払われないという相談が寄せられておりますし、全国青年司法書士協議会や日本司法書士会連合会などで毎年実施している全国一斉養育費相談会にも、大変多くの相談が寄せられており、社会問題となっています。

こういった状況を改善するため、昨年、民事執行法が改正され、養育費が払われない場合の差し押さえ等が容易になりました。

具体的には、相手の預金口座情報を、裁判所への申し立てによって取得可能となりました。
また、相手方の財産を裁判上の手続きで調査する「財産開示手続」も強化されました。
さらに、財産開示手続も功を奏さない場合には、相手方の勤務先情報を、裁判所への申し立てにより取得することができるようになりました。

口座が判明すれば、これを差し押さえることにより未払い分の養育費の支払いに充てることができます。
また、勤務先が判明すれば、給与を差し押さえ、未払い養育費の支払いに充てることができます。

なお、養育費の取決め自体がない場合には、まず、相手との協議や家庭裁判所の調停を利用し、養育費の取り決めを行うことになります。

昨年から、上記の改正に関連する情報取得手続き、そして差し押さえに関する書類作成のご相談・ご依頼が増えています。

お困りの方、ぜひ一度ご相談ください。

NEW

  • 【松本市 離婚】離婚調停を自分でする場合

    query_builder 2021/10/22
  • 【松本市 借金】差し押さえと債務整理

    query_builder 2021/10/20
  • 【松本市、長野市など】「ひととき融資」の危険性

    query_builder 2021/10/15
  • 塩尻市、安曇野市などの地域からも債務整理のご相談を受けています

    query_builder 2021/09/30
  • 【松本市 債務整理】「国が認めた借金減額制度」「借金救済制度」のからくり

    query_builder 2021/09/29

CATEGORY

ARCHIVE